PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

張線終了&プロペラ自作/Tigermothその10

SHSまで2週間切りましたね。ゴールは見えてるとはいえ急がねば!

まずは後部の操作系のワイヤーを張り込みました。
tigermoth045.jpgtigermoth046.jpg
胴体横から伸びる方向舵用のラインは糸をほぐして細めのダブルにしてます。


続いて最大の難関、プロペラの自作です。


tigermoth050.jpg
エバグリのプラ板を積層して真鍮の軸をつけておきます。

tigermoth051.jpg
スピンナー部分はランナーの端切れをくっつけてリューターでドリルレース。

tigermoth052.jpgtigermoth053.jpg
あとは図面や写真と首っ引きで整形していきます
tigermoth054.jpg
目止めにガンメタを塗って出来上がり♪



さて、今回張線に使用した素材の紹介です。
tigermoth047.jpg
tigermoth048.jpgtigermoth049.jpg
左は商品名は「フェザナ」大黒糸業㈱さんの薄地用ミシン糸です。今回はこちらを使用。
毛羽立ちがほとんど無く、番手が#90と細めなので1/72に最適です。(表記は90#60(2コード)とあります)

右は旭化成「レオナ66」。これは比較的どこでも手に入りますね。
うちには#50番手のものしかありませんが、1/72にはちょっと太いかも。
釣りのフライの自作によく使われてますね。

両方とも工作マニアの聖地ユザワヤで購入しました。

他にもフジックス「レジロン」などが使えそうです。


さて、大関門のプロペラ自作をクリアーしたのでリアルにゴールが見えました。

次回、いよいよ怒涛の最終回のココロだあああ~~!

| DH82 Tigermoth(090515完成) | 10:53 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

張り線、リアルですネ!
ミシン糸を使用するとワイアーのよった感じ表現できて一層リアル、
自分もいつかは挑戦してみたいであります。
じゃあ、次回の最終回も楽しみにしてますよ。
頑張って下され!

| Limahl | 2009/05/06 00:38 | URL |

Limahlさま
いつもコメントありがとうございます。

張線はいつも素材選びに苦しみます。
ほんとはもっと細いテグスを使いたいところです。実は複葉機の張線はほとんど1本のロッドなんですよ。
縒り線はある種の演出というか誇張ってことでみていただければ^^

| 岡戸智凱 | 2009/05/06 12:35 | URL |

自作したプロペラ素晴らしいですね。なんかいとも簡単に作ってしまったように思えますが?(笑)
張り線は私ドール用の髪の毛を使おうと思ってますが、このミシン糸も用意しておくと重宝しそうですね。
あと一息頑張ってください!

| ヒロシ | 2009/05/06 12:51 | URL |

ヒロシさまこんばんは!

ペラの自作は如何にスピンナーのシンメトリーやペラのピッチをだすか、素材は何がいいかといった段取りを決め込むまでが悩みました。作り始めたらそんなに難しくなかったですよ。
ドール用のおけけよろしければSHSでサンプル見せていただけるとうれしいです!

| 岡戸智凱 | 2009/05/06 19:53 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://okadochigai.blog105.fc2.com/tb.php/62-d7c95612

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。