PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

牛歩のごとく2/P-40F改めKittyhawk Mk.IIa (P-40L) アカデミーその4

前回機首のラインの絞込みのことを書きましたが

やっぱりラインが気に入らなくて
いつもの泥縄式に
P40F_022.jpg
排気管前方にボリューム足しちゃいました。


お約束で写真テクが痛いのでわかりにくいですが、0.14mmのプラ板を積層してカウリングのサイドがなるべく直線的になるようにしました。
概ねラインを削りだして決め込んだところでしばらく熟成させます。

わたしの場合ポリパテや瞬着を極力使いません。
民也のサラサラセメントを溶かしたパテ(いちいち表記するのが面倒なので以降ユルプラセメントとしましょう)で接着や盛り付けをしているので内部が乾燥してヒケが出なくなるまで最低3日くらい放置します。


で、しばらく胴体はいじれないので放置記念にいろいろな角度からカメラリハーサルを・・・。
P40F_023.jpgP40F_023a.jpg
P40F_024.jpgP40F_026.jpg
アゴ下あたり実機より直線的になっちゃったかもしれませんが、これでだいぶ力強い感じになったかと。自己満足の世界です^^。
主翼の翼厚が足りない感じです。翼端あたりで0.5mmくらい厚み足しますかね。

P40F_025.jpg
アゴにキャブレター(スーパーチャージャー)インテークを付けると一気にF型っぽく見えるから不思議。



ネットで資料探しをしてたらこんな動画が
『正しいウォーホークの飛ばし方?』
のっけからどんぴしゃのF型が登場ですよ!


蜜柑山崩しのつもりでさらっと作る予定だったけど



案の定無限ループ描いてます(  ̄ o ̄)oOO ハーアァァ






| Kittyhawk Mk.IIa (P-40L) (10.01.11完成) | 18:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://okadochigai.blog105.fc2.com/tb.php/36-5c95cd43

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。