PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Curtiss P-6E ArmyHawk /Monogram72 その6 張り線~完成

夏い暑が中々終わりませんね。
ところで、リ○ビタンDのCMっていつも危ない目に合いそうになってますが、なぜ彼らは経験値が積まれないのでしょう?もっと安全に気を使えよとよけいな心配をしている岡戸智凱でございます。

前回ちょっと触れましたが、張線の糸選びで悩むはずでしたが意外にすんなりフジックスのモノカラーが入手できたおかげで完成までこぎつけました。

_0013061.jpg



本当は張線素材として4種類ほど候補を挙げていましたが、BMのJWさん他の勧めもあってフジックスのモノカラーを探していたところ、かんたんに入手できたのでそれを使うことにしました。

というわけで水平尾翼にプラ板のコントロールホーンをつけて
_0012986.jpg _0012987.jpg _0012989.jpg
一気に尾翼周りを張り巡らします。

次に主翼周り
_0012990.jpg _0012991.jpg
情欲上翼にモノカラーを生やして、先に胴体に取り付けます。
普通は下翼から先に進めるところですが、胴体内に引き込む線を処理するための措置。
これで下翼を取り付けることが出来ます。

で、その下翼と一緒に取り付けるラジエーター
_0012984.jpg _0012985.jpg
ここだけはがらんどうなのでプラ板のあまりとタバコの銀紙でテキトーにデッチアップ
ほとんど見えませんね。orz
真ん中の丸い穴は付属スタンドの取り付け穴です。いつもならソッコーで埋めますが、たまにはスタンド展示もオツかと。(埋め忘れたなんて云えません)


当該機は翼端と尾翼の間に空中線が張られているので所定の位置に洋白線のアンテナを立てて生ゴミ用のネットで空中線を再現して出来上がり(経過写真忘れ)
_0013055.jpg _0013063.jpg
かくしてP-6Eの完成です!
残りの張線は下翼裏面に貫通させて痕を修正しています。


_0013068.jpg _0013059.jpg
元のキットの素性が良いのでほとんどストレス無く組みあがりました。


_0013069.jpg _0013067.jpg
いつものオール筆塗り仕上げ、いかがでしょう。
多少ボケた塗分け部分もありますが、エアブラシで仕上げられる方の作品のようにシャキっと仕上げるのはワタシの苦手とするところなので私なりには満足しております。


近年のキットのような精緻さには及ばないものの、当時のモノグラムの熱意がひしひしと伝わってくるキットであります。

ちょっと、肩肘張らないたのしい模型作りが出来ました。

| Curtiss P-6E(10.08.31完成) | 20:14 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

完成おめでとうございます!
黄色の塗り方はとても参考になりました。
この時代のアメリカ機も派手で面白いですね~。
張り線もピシッと決まっていて引き締まって見えますね。
私も今度この糸を使ってみようと思います。

| すあま | 2010/08/31 21:51 | URL | ≫ EDIT

完成おめでとうございます。
シャープじゃない?いやいやそんな事は
ございませんよ。
細かいマーキングもシャープだし
黄色の筆塗りなんてドMじゃないと
やりませんよぉ・・・・・・。

張線もピンと張れてますし
この糸、真っ黒じゃ無い所が
いい感じになるんですよね。
目立ちすぎずに。
次回作も がんばってくださいね!

| JW | 2010/08/31 23:11 | URL | ≫ EDIT

すあまさんごぶさたです!

黄色や白は昔に比べると塗料が改善されてるのでハードルが下がりましたね。
この時代の機体はあまり作る方が居ませんが、結構魅力的な機種があるので是非トライしてください。


JWさんこんばんわっ!

ドMなんてお褒めの言葉かたじけない^^
モノカラーのスモーク、黒テグスでも同様の細さ・色合いのものを持ってますが、テグスに比べてコシの無さが使いやすさの決め手のようです。次の張線したくてウズウズしてます!

| 岡戸智凱 | 2010/09/01 02:20 | URL |

完成おめ&乙でございます。
某所でも書きましたが筆塗りの塗装がすばらすぃ~です。
張り線もお見事ですね。
次回作も楽しみにしております。

| ヒロシ | 2010/09/01 14:34 | URL |

完成おめでとうございます&お疲れさまでした。
いやはやカッコいいなぁ(^^)
こういう派手でクラシカルな飛行機は大好物ですよw
機体色だけでなくマーキングもデカールでなく筆なんですよね?
さすがのドM体質に感服いたしました(笑)

| yaszo | 2010/09/01 15:59 | URL |

こんばんは。初書き込みさせていただきます。

すばらしい作品の完成おめでとうございます!
小粋な飛行機に派手なマーキング。素敵ですねぇ…。
マーキングまで筆の手塗りなんて…職人技に脱帽です。

ワタクシもいつか複葉&張り線に挑戦したいものです…(遠い目)

| so-suke | 2010/09/01 23:32 | URL |

ヒロシさんおはようございます!

写真のテクが所定の水準に行ってないのでごまかしが効いてますので実物見た時がっくりしないでくださいね(w
以前いただいたドールヘアーも試してみたいです。


yaszoさんおはようございます!!

カラフル系yaszoさん好きそうですよね(w
シュナイダーレーサーとかも作ってみたいですね。
筆塗り楽しいですよ。別にドMでなくても出来ますからやってみてください。クルマで^^


so-sukeさんいらっしゃいませ!!!

手描きのマーキングは慣れで何とかなりますから是非一度試してください。
ワタシなんか逆にデカールきれいに貼れる自信ありませんから♪

ひょっとしたら世代的にso-sukeさんはこのキットは見たこと無いかもしれませんね。
モノの72の複葉機見つけたら是非一度作ってみてください。古いキットなのであっさりしてますが基本精度が高いので張線の良い練習代になると思います。

| 岡戸智凱 | 2010/09/02 09:45 | URL |

完成おめでとうございます。いい雰囲気ですね。

郡山のタルカワ模型にこれが1機だけあって
買おうか買うまいか迷っている間に
先をこされました。
そのうち狩って後に続きたいと思います。

| キャノピー | 2010/09/02 18:42 | URL |

同い年のローガン&近眼(ド付き)とは思えぬ見事なお仕事。
フジックスの糸、いいなと思ったら岡戸さんのところへ嫁入りしたLVG、フジックスのシャッペスパンでした(どこの糸かも知らずに使ってるなんて)
やっぱり複葉機は作ったという手応えを感じますね。

| マルボロマン | 2010/09/02 21:59 | URL | ≫ EDIT

キャノピーさんこんばんはっ!
このキットは若い頃に買ったものですが、数年前にアキュレイトからボーイングF4Bとの2機コンボで再販されてましたよ。アメリカの模型が輝いていた頃の名作だと思いますので是非入手して作ってみてください。


マルボロ親方こんばんわっ!

最近その老眼&近視が朝になると霞んで使い物になりません。なんか良い精力剤クスリありませんかね??
うちでも以前はシャッペスパンをほぐして使ってました。縒り糸でなければ感じがいいんですけどね。

| 岡戸智凱 | 2010/09/03 02:35 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://okadochigai.blog105.fc2.com/tb.php/125-38dde2cf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。