PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Boulton Paul Defiant その5/ぶぃ~ん、よし!

また天気が冬に逆戻りですね。


モケイのほうは逆回りせず前進してます。


ということで、デファが士の字になりました。

で、塗装に入る前の最終調整。
翼と胴体の継ぎ目を消すのにあわせてフィレットを立体化。
_0012628.jpg
解りにくいかもしれませんが、フィレットのカタチに合わせて延ばしランナーを貼ってフィレット部分をいつもの溶きプラで盛り上げてます。(胴体側は整形済み)
乾燥硬化の後、周辺に養生したマスキングテープを厚みのガイドにしてペーパーで均してやります。
これをやることでウソでも立体感が出るのでお勧めです。

普通最近の多くのキットではスジ彫り線で表現されてますが、スジ彫りでフィレット部分を仕切られると他の分割ラインと同じで雰囲気が出ません。
そこでここを一段浮かせてあげると往年のモノグラムのキットのようになるという算段です。(当社比。?)



すこし養生する時間が掛かるので、その間に塗装とマーキングの下準備
_0012625.jpg
今回はDG/DE/DEGのBoB開戦時迷彩。
機体は141 Squadron, L7009 / TW*H; flown by Flt. Lt. D. G. Donald with gunner Plt. Off. A.C. Hamiltonの乗機。
1940年7月15日にBf109E にドーバー近くで撃墜されています。

ネットからクラエアのデカールを拾って72の図面に合わせてガイドを作って置きます。
いつもはこんなに丁寧に準備しませんけど。


なんでこれをチョイスしたかというと
_0012626.jpg
このニワトリを描きたかったから!

文字込みで10X20mmくらいに満たないサイズだけど、なんとかやってみたいです。


いよいよ次回は塗装に入りたいですが、そろそろスピットも進めないとね。




あ、しばらくぶりに通過儀礼を











_0012624.jpg
ぶぃ~~ん
(c)躍人さん(w

| Boulton Paul Defiant NFI/Airfix | 16:35 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ぷいーん。やっぱり飛行機はこれです。もっとも私は完成したら見向きもしませんが。完成といえばスピットようやく完成しますた。これで大手を振って静岡向かえます。デファ山場はまだ沢山あるでしょうが後3週間何とかものにしてくださいませ。

| マルボロマン | 2010/04/22 22:11 | URL |

マルボロマンさん

ぶぃ~ん>声に出さずとも飛行機モデラーは完成までの過程で一度はやってるんじゃないかしら?

エロスピット完成おめでとうございます!
早速見に行かなくちゃε=ε=ε=┌(o゚ェ゚)┘

| 岡戸智凱 | 2010/04/23 03:07 | URL |

岡戸さんは筆塗りですよね?
コードレターは筆塗りのガイドって事ですか?

鶏、難しそうですね、小さくて。

でも観てみたい!です。

| JW | 2010/04/23 21:29 | URL | ≫ EDIT

JWさん

いつも基本筆塗りでございます。
基本がちゃんとしているキットの場合、あまり今回のようなガイドをとらずに直に機体に下書きデッサン書き込みますが、エアのデファはプロポーションの狂いを直しきってないので調整用にガイドを作ってみました。反映されるかは別次元ですが(汗

鶏>どうもこの手の細かい作業は異常に燃えてしまうんですわ。
超ど近眼の為せる業です。

| 岡戸智凱 | 2010/04/24 18:41 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://okadochigai.blog105.fc2.com/tb.php/106-e590f6de

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。